小論文に強くなるには採点基準を知って書き方をおさえるべき

採点基準を知ればあとは小論文の書き方に気をつけるだけ!

小論文に強くなるには採点基準を知って書き方をおさえるべき

原稿用紙

基本が出来ているか

小論文は採点基準で合否が決まります。そのため、合格を目指すには、少しでも減点されないように気をつけることです。まず第一に採点基準として見られているポイントは、小論文の基本となる構成が出来ているかです。だからこそ、構成や流れを最初で理解する必要があります。

文章の使い方

小論文は意見や議論を文字にしますが、文章と同じです。そのため、正しい文章の使い方になっているかどうかも厳しく見られています。だからこそ、減点対象である文章の書き方や漢字のミスやなどをなくすようにしましょう。

題材への理解

小論文には、テーマとなる題材が必ず用意されます。その読解力がなければ、趣旨を理解していないことになり減点されます。それを防ぐには、正確に求められている意見の内容を読解する必要があるでしょう。

何事も対策が大事

何をするにも、目標達成のためには対策が必要です。そのため、自分が今何をすべきか考えることが大事だと言えるでしょう。受験に必要な小論文の書き方を対策してこそ、道がひらけます。まだ、具体的にどんなことをしたらいいかわからないのであれば、口コミを参考にしてみると良いでしょう。

小論文基本対策をやってきた受験生の声

苦手だからこそ

私は小学生の頃から感想文が得意だったし、当然小論文になったとしても得意だろうと思い込んでいました。しかし、小論文対策をしはじめると、先生に赤ペンをもらう日々が続きました。落ち込んでいましたが、合格のために週一で小論文対策を徹底してやりました。

終えたからこそのアドバイス

受験を終えた今だからこそ出来る後輩へのアドバイスは、受験の際に小論文に悩まれないためにいろんな情報を頭に入れておくといい!と言いたいです。実際の大学受験の小論文となると、何だコレと思うような題材も多いので、油断は禁物です。

構成を徹底して覚えた

小論文の対策は、構成通りに文章を書くだけだと考えていたのでそれらを覚えることに力を入れてました。書き進めるうちにどうしても感想文になりがちなので、逸れないように書くことも大切だと思いました。

過去問で対策

試験と同じで、小論文も慣れが必要だと思います。自分は、試験勉強と同じで小論文の過去問をやるようにしました。受験する学校の傾向などが大体わかる気がしてくるので、良い方法だと思います。

説得力を意識する

小論文は、自分の考えを相手にどう伝えるかが勝負だと思ったので、説得力を意識して文章を書くようにしました。説得力を意識して書くようにすれば、自分の中でも伝えたいことがブレなくなって迷いがない文章になります。

広告募集中